フィンペシア&ミノキシジルタブレット

2大AGA有効成分ともいえる「フィナステリド」と「ミノキシジル」ですが、それぞれ異なる作用機序で薄毛治療に効果を発揮します。その”フィナステリド”を含有する代表的なお薬が「フィンペシア」、”ミノキシジル”を含有する代表的なお薬が「ミノタブ」です。

では、『なぜフィンペシアとミノタブの併用が薄毛治療に効果的なのでしょうか?』

そのことを理解するために、まずはフィンペシアの有効成分である「フィナステリド」とミノタブの有効成分である「ミノキシジル」について簡単にご紹介させていただきます。

もともとは前立腺肥大の治療薬として用いられていましたが、脱毛予防への効果が認められてFDAの認可を取得。日本でも2005年に承認され、万有製薬が「プロペシア」という商品名で販売しています。

脱毛現象の鍵を握っているのは、ジヒドロテストステロン(DHT)とⅡ型5α-還元酵素という2つの物質です。髪の毛の根元にある「毛乳頭」という部分でこれら2つが反応すると、毛髪の成長期が短くなって脱毛が促進されてしまいます。

フィナステリドは、このⅡ型5α-還元酵素の作用をブロックし、脱毛促進のサインを出せないようにしてくれるのです。

つまり、フィナステリドの主な作用は発毛促進ではなく「脱毛予防」。「飲めばフサフサ」といったイメージから「発毛促進剤なのでは?」と思っている人も少なくないようですが、実際は毛周期に働きかけて髪を長くキープする役割を果たしています。

副作用が非常に軽微である点も、フィナステリドが支持される理由の1つです。

血管を拡張させて、血流をスムーズにする働きを持つ薬です。アメリカの大手製薬会社が開発したもので、もともとは高血圧の治療薬として使用されていました。

ミノキシジルは、高血圧治療患者の多くに髪の毛が増える・多毛症になるといった症状が多発することがわかり、育毛剤としてFDAに承認されました。フィナステリドと並び、現在最も効果的なAGA治療薬として全世界に浸透することになったのです。

フィナステリドと大きく違うのは、強力な発毛効果を持ちながらも、その作用機序が未だに解明されていない点でしょう。また、臨床実験によると多くの被験者に新たな発毛が認められたものの、効果の現れ方が部分的である点も特徴の1つです。

ミノキシジルは国内では「リアップ(万有製薬)」、アメリカでは「ロゲイン(ファイザー社)」といった塗布薬として発売されていますが、この場合髪の生え際、M字には効果を示さず、主に頭頂部の薄毛に作用する性質があります。

しかしこの「部分的」にしか効果を示さない弱点を克服したものが、『飲むミノキシジル』と呼ばれている、「ミノキシジルタブレット」なのです。